HELIOPOLE

MENS NEWS

  • MEN’S BLOG “Daniel&Bob”

    danielbob_ig_2
    皆様、こんにちは。メンズブログをご覧いただきありがとうございます。

    今回はイタリアのバッグメーカー「Daniel&Bob」のオーダー会のお知らせです。

    Daniel&Bobと言えば、革製品のメーカーが多いイタリア・フェラーラにて1976年に創業の名門バッグメーカーです。

    ベルト作りから始まったブランドの歴史は、3層のレザーを、芯地を使わず手縫いにて仕上げる独特のハンドルに受け継がれ、イタリア国内のみならず、世界中のファンを虜にしています。

    このオーダー会では2017年春夏シーズンの新作モデルにてカラーオーダーが可能です。全部で5モデルございますので、そちらをご紹介させていただきます。

    1
    MELTEMI
    55,000yen+tax

    Daniel&Bobの新定番とも言えそうなモデルです。
    基本的にはリュックとして使っていただくのですが、持ち手もしっかりとしたレザーストラップが配されていますので、トートバッグ感覚でも持つことができます。

    2 ULISSE
    55,000yen+tax

    所謂トートバッグです。開口部はジップが付きませんが、その分モノの出し入れはしやすいのではないでしょうか?
    デザイン的にも万人受けする、分かりやすいモデルです。

    3 BALTICO
    48,000yen+tax

    一般的にはボンサックと呼ばれる、開口部を紐で絞るタイプのバッグです。
    ミリタリーが発祥とも言われており、素材感も相まって男らしいモデルだと思います。
    今回展開のモデルの中では最もリーズナブルです。

    4 BURIAN
    59,000yen+tax

    見た目が非常に面白いですね。あまり他では見ないデザインだと思います。
    バケツのような円筒型で上蓋の形状もバッグでは珍しいスタイルです。
    ちょっと個性的なものがお好きな方にはお気に召していただけるのではないでしょうか。

    5 PERSEO
    59,000yen+tax

    こちらは2way仕様となっております。
    ストラップの着脱が可能なので、ワンショルダーとしても、トートとしてもお使いいただけます。
    マチが広いので収納力も高く、ちょっとしたご旅行などでも活躍してくれそうです。

    素材はヘビーオンスのコットンキャンバスにベジタブルタンニンレザーの組み合わせ。
    レザーのカラーは選べませんが、ボディのキャンバスのカラ―は5色からチョイスしていただけます。

    6

    このシリーズは既製品としてはまだ世の中に出回っておりません。
    正式には次の春夏シーズンから店頭に並びますが、それよりも一足早い特別なオーダー会です。
    (納期は受注から約3ヶ月ほどいただきます)

    先日リニューアルオープンいたしましたメンズ銀座店にて9/17(日)まで開催中です。
    皆様のご来店、お待ち申し上げております。

  • MEN’S BLOG “Pleat Pants”

    皆さん、こんにちは。今回は季節を先取ったこちらのアイテムをご紹介いたします。

    1
    ブランド:GTA
    品名:ワンプリーツウールパンツ
    品番:601-17614
    カラー:ミディアムグレイ
    サイズ:42-50
    プライス:37,000yen+tax
    展開店舗:代官山、難波

    これから増々流行の兆しをみせているワンプリーツのパンツ。今年の春夏にエリオポール別注で展開していた秋冬バージョンです。

    シルエットとしては腰回りこそゆとりがありますが、裾にかけて程よいテーパードがかかっています。プリーツパンツに抵抗がある方でも取り入れていただきやすい、モダンなシルエットに仕上がっています。代官山店にはサイズ50のご用意があるのですが、それでも裾幅は18cmなので一昔前のプリーツパンツとは全く別物のバランスです。

    2
    フロントはボタンフライ。フロントの股上自体は比較的浅く設定されているので、パンツがクラシックな表情になり過ぎないよう、こちらでもバランスを保たれています。

    3
    フロントの裏地にはヴィンテージ調の生地が使用されています。普段見えない部分に遊び心をプラスするのはイタリアブランドらしさを感じます。

    4
    バックポケットにはメタルボタンを使用しています。春夏に展開していたモデルは右側のポケットのみにボタンが付いていましたが、今季のモデルは左右に配されています。左右でデザインの異なるボタンを使用しているのもポイントになっています。

    5
    生地は起毛感のあるウール100%のフランネルです。自然な伸縮性があり、トレンド感だけではなく履きやすさも兼ね備えています。

    お盆の時期に見ると暑苦しく感じてしまいますが、オーダーの数も少ないアイテムなので早めに抑えていただくことをお勧めいたします。まずは店頭でご覧になってみてください。皆様のご来店、お待ちいたしております。

  • MEN’S BLOG “BARENA”

    いつもメンズブログをご覧いただき、ありがとうございます。
    今回は昨シーズン、久し振りの展開で非常に人気の高かった「BARENA」の秋冬新作をご紹介いたします。

    1
    ブランド:BARENA
    品名:ジャケット
    品番:TORCEO-ISONZA
    カラー:キャメル、ネイビー
    サイズ:46 48
    プライス:64,000yen+tax
    素材:ウール70% ナイロン30%
    展開店舗:代官山、名古屋、難波

    2
    ブランド:BARENA
    品名:ジレ
    品番:LASCA-ISONZA
    カラー:キャメル、ネイビー
    サイズ:46 48
    プライス:28,000yen+tax
    素材:ウール70% ナイロン30%
    展開店舗:代官山、名古屋、難波

    a
    ブランド:BARENA
    品名:パンツ
    品番:COSMA-ISONZA
    カラー:キャメル、ネイビー
    サイズ:46 48
    プライス:33,000yen+tax
    素材:ウール70% ナイロン30%
    展開店舗:代官山、名古屋、難波

    ジャージ素材のスリーピース。今までのheliopoleではちょっと取り扱いのなかったアイテムです。
    ウールベースのジャージ生地ですが、裏地もなく副資材も省かれている為、非常に軽い着心地です。もちろんジャージ本来のストレッチ性も着易さに一役買っています。

    4
    裏の仕様はこんな感じです。一枚で仕立ててあることがお分かり頂けると思います。
    こういった一枚仕立てのジャケットだと内ポケットが省かれているものが多いのですが、こちらはちゃんと完備しております。あるとないとでは使い勝手が全然違いますね。

    5
    カラー展開は上記の通りキャメルとネイビーですが、生地違いでグレーもご用意しております。
    (左側 プライスは同じです)

    グレーもジャージ生地ですが、メランジ調で他の2色とは雰囲気が異なります。こちらはポリエステルやカシミアが混紡されているため、風合いがちょっと柔らかくなります。

    ジャケット、ジレ、パンツとそれぞれの組み合わせは全7通り。
    単品使い、ジャケットとパンツのカジュアルなスーツスタイル、ジレとシャツにニットタイなど、色々なコーディネートができそうです。

    ジャージ生地なので、さすがに仕事ではNGの方も多いと思いますが、週末のリラックスしたシーンにピッタリのアイテムだと思います。

    是非店頭でその着心地をお試しになってみてください。



  • MEN’S BLOG “A PIECE OF CHIC”

    まだまだ暑い日が続いていますが、店頭には秋冬物の新作が徐々に到着しています。

    こういった端境期に何を買うべきか?という気持ちは皆様お持ちのことと思います。春夏のセール品はこの時期、サイズやカラーが欠けているので選びづらく、秋冬物ということになると、暑くて試着してみる気がなかなか起きないというのが正直なところではないでしょうか?

    そんな時、こんなスカーフは如何でしょう。

    _DSC3256
    ブランド:A PIECE OF CHIC
    品番:90-90-SCARF
    カラー:TANGO、PEACOCK、BARBER、BOLT
    サイズ:F
    プライス:24,000yen+TAX
    素材:シルク100%
    展開店舗:代官山、名古屋、難波

    シルクのスカーフです。
    マフラーやストールになると秋冬感が強いですが、スカーフなら或いは…。
    季節を問わずお使いいただけるのではないかと思います。

    まずブランドについてご説明したいと思います。

    ①
    ※この様な箱に入っています。

    A PIECE OF CHICは2012年の創業ですから、それ程古いブランドではありません。
    フランスのリヨンに本拠地を構えているのですが、フランス南西部に位置するこの都市は、ルネサンス期よりシルク製品の生産が盛んな土地として知られています。

    「Made in France with ELEGANCE」をコンセプトに、製品は勿論、プリントやパッケージに至るまでフランス生産に拘っています。これは自社で設けている厳しい品質基準をクリアするために必要なこと。
    1930年代~60年代のヴィンテージスカーフのパターンから着想を得たモチーフは、当時の優雅で華々しい時代を髣髴とさせ、「祖父母がエレガントにスカーフを纏ったように、現代の男性・女性にも使ってほしい」というブランドの想いが込められています。

    heliopoleで展開しているのは全部で4柄。サイズは90㎝四方なので一般的なスカーフのサイズ感だと思います。

    ②
    使われているシルクは実際に触れてみると、高品質であることが分かります。
    自然な光沢感を持つ綾織の生地は耐久性に富み、外周もかなり細かいピッチでまつり縫いされているので、ほつれも気にせずお使いいただけます。

    スカーフは柄だけを見ると派手に思われがちですが、実際に巻いてみると丁度良い塩梅になります。

    色柄のお好みはそれぞれだと思いますが、男性はもちろん、女性へのプレゼントとしても喜ばれること請け合いのシルクストール。
    苦手意識のある方は、一度ご自身のコーディネートに組み合わせてみてください。










  • MEN’S BLOG “Gingham Check”

    エリオポールで密かに人気のアイテム、ギンガムチェックのシャツ。16S/Sシーズンはコットンとリネンの2素材で展開をしておりましたが、16A/Wはコットンのモデルへ新たに2色、バリエーション追加しています。

    1
    ブランド:heliopole
    品名:ギンガムチェックシャツ
    品番:1162-1701
    カラー:レッド、ボルドー、ネイビー、ブラック
    サイズ:38 39 40 41
    プライス:15,000yen+tax
    素材:コットン100%
    展開店舗:代官山、名古屋、難波

    2
    その中でこちらの2色が新色です。季節感も出しやすいボルドーとブラック。
    ギンガムチェックはレディスでも人気がある柄の為、ちょっと可愛い柄と印象をお持ちの方も多いかと思いますが、こちらのカラーであれば大人らしいシックな合わせを演出できます。

    3
    襟型は春夏で展開していたモデルよりも、気持ち広めなレギュラーカラー。フランスのヴィンテージシャツをベースにしています。また、柄で分かりにくいですが、フロントは前立て付きになっています。

    4
    シャツ単品での着こなしや、ノータイのジャケパンスタイルでも様になるアイテムですが、エリオポールとしては是非タイドアップに合わせて頂きたいアイテムです。
    縫製も以前こちらでご紹介をさせて頂いたボタンダウンシャツと同様に、非常に丁寧で細かな作業が仕様になっています。

    秋の着こなしのバリエーションとして、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。皆様のご来店をお待ちしております。